Home

教師紹介

左右木健一

教師紹介

左右木くみ

左右木健一

左右木健一

左右木健一

3歳より根本美香、ダニエル・レヴァンス、セルジュ・ステファンスキーロイ・トヴァイアス、ピーター・ブロイヤー、デイヴィット・ハワードなどに師事。

1985年、ユニバーサル・バレエ団に最年少16歳でオーディションに合格、イヴリン・ハート、パトリック・ビッセル、ジャン・シャルル・ジルなどと共に日本・韓国・台湾公演に出演。
高校卒業後正式に同バレエ団に入団、ジョージ・バランシン「アレグロ・ブリランテ」「セレナーデ」ジョージーナ・パーキンソン「眠れる森の美女」デヴィット・リシーン「卒業記念舞踏会」ルタナ・ボリス「ケークウォーク」ロイ・トヴァイアス「ラ・フィーユ・マル・ガルデ」ジャック・カーター「椿姫」等の作品を踊る。

1990年、香港バレエ団にソリストとして移籍、ピーター・ダレル「くるみ割り人形」パテル・ミラー・アシュモール「ジゼル」ジャック・カーター「日本音楽による3つのダンス」ジョージ・バランシン「ワルツ・ファンタジー」チュウ・サン・ゴウ「アンノウン・テリトリー」「パストラル・スケッチよりパ・ド・トロワ」などを踊る。

1991年よりオーストリア・ザルツブルク州立劇場バレエ団にソリストとして入団、オーストリア・ドイツ・スイス・フランス・イタリア・スペイン等ヨーロッパ各地で踊る。5年間在籍中「ロメオとジュリエット」「オルフェウスとエヴリティケ」「海賊」などの主役を務めるかたわら、オペラ・オペレッタ・ミュージカル・シャウシュピールの舞台にも出演。

1996年帰国、1997年より新国立劇場バレエ団にソリストとして契約、「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「シンデレラ」「テーマとヴァリエーション」「ラ・シルフィード」「ドン・キホーテ」「ペトルーシュカ」「梵鐘の声」「悲歌のシンフォニー」など、バレエ団レパートリーのソリストを踊る。同年11月1日、左右木健一・くみバレエスクールを開校。新国立劇場バレエ団公演と並行して、日本バレエ協会・ヤング・バレエ・フェスティバル、青山バレエフェスティバル、NBAバレエ団、井上バレエ団、小林紀子バレエシアター公演にも参加する。

2007年(社)日本バレエ協会第18回全日本バレエコンクールにおいて、アンシェヌマン・ジュニア/シニア男子の振付を担当する。

2010/11年(社)日本バレエ協会九州北支部バレエコンクールの審査員、及びアンシェヌマン女子/男子の振付を担当する。

2012年、薄井憲二氏の推薦により、第25回ヴァルナ国際バレエコンクールの日本人審査員に選出される。

2013年、香港アジアン・グランプリのサマーインテンシブ講師に任命される。同年よりオールジャパンバレエユニオン審査員を務める。

2014年、マレーシア Serena Ballet Schoolに招聘される。香港アジアングランプリ審査員を務める。第1回東京シティ・バレエ団全国バレエコンペティション審査員、及びスペシャルワークショップ講師。 
同年より ジャパンバレエコンペティションのレギュラー審査員を務める。

2015年、香港アジアン・グランプリのサマーインテンシブ講師。第2回 東京シティ・バレエ団全国バレエコンペティション審査員、及びスペシャルワークショップ講師。 
同年よりNBA全国バレエコンクール審査員を務める。

■左右木健一・くみバレエスクール主宰 

■SBS YOUTH BALLET 芸術監督

■(公社)日本バレエ協会東北支部員

■宮城県洋舞団体連合会会員

■日本音楽高等学校 非常勤講師

■Angel R Dance Palace 非常勤講師

■第16回 ブルガリア・ヴァルナ国際バレエコンクール シニアの部 組織委員会賞

■第6回 パリ国際ダンスコンクール クラシックシニア部門 入賞

■第60回 東京新聞主催 全国舞踊コンクール 優秀指導者賞

■第1回 青少年のためのバレエコンクール仙台 優秀指導者賞

■第2回・第4回 ジャパングランプリ 指導者賞

■第1回 横須賀国際バレエコンクール 優秀指導者賞

■第16回 バレエコンペティション21 優秀指導者賞

■第11回・第12回・第13回オールジャパンバレエユニオン 指導者賞

■Japan Ballet Competition 名古屋・滋賀 最優秀指導者賞